私の家の良いところとして、冬にとても暖かいということがあります。それは、年を取るたびにひしひしと感じることなのです。年を取ると、冬の寒さが一番体に堪えるのです。その時、新築で暖かい部屋でいられることに幸せを感じることができます。そしてそれは、冬だけがいいということではありません。なんと夏も、かなり涼しいのでその点でも大満足です。夏の場合は、部屋の中で締め切っていると外の暑さを感じないことがあります。外に出た時に、こんなに暑いんだと思うこともあったりして、その遮熱性に驚きました。
そしてそのように冬に暖かい、夏に涼しいというのは光熱費をかなり節約できます。光熱費は、冬と夏にかなり要りました。そのことは仕方がないと思ったものの、なんとかしたいという気持ちもありました。暖房費や冷房費をかなり節約できるのです。以前にかかっていた光熱費の半分ぐらいになっていると思います。また風邪などの病気もしなくなりました。